学費が安く、入学資格があれば誰でも入学できる

学費は大学によって多少の違いはありますが、通学制の国立大学では4年間で約240万円となり公立では約255万円です。私立大学になると、4年間で420万程度かかるところが多くなります。一方で通信制大学では、4年間で60万程度のところがほとんどです。また、一般の大学に入学するためには、センター試験や私立大学ごとの入学試験を受けて合格しなければなりません。しかし、通信制大学では入学資格があれば書類選考だけで入学することができます。志望動機を含めた願書や高校の卒業証明書、選考料の納入書や住民票などを書類として送るだけです。

さらに、中学卒業や高校中退など入学資格がない場合でも、そこの通信制大学の入学資格を取得できるコースが存在する大学もあります。通信制の大学は、やる気さえあれば誰でも学べる大学なのです。

自分のペースで学べ、大学施設も利用できる

通信制大学は教材とレポート用紙が送られてきて、自分で教材を学びレポートを書くという学習が基本となります。提出したレポートが合格し、さらにその科目の試験を受けて合格することで単位を取得できます。科目試験は、大学や各地の施設などでおこなわれることが多いです。また、課目によっては対面授業によって取得しなければならず、その場合はスクーリングといって通学生が休みの時期に大学に行って授業を受けます。通信制大学ではレポートによる科目が多く、毎日大学に通って学ぶ形ではないので基本的には自分のペースで学ぶことができます。スクーリング時はもちろん、普段であっても大学の図書館や学習スペースなど通学生と同じように施設も利用でき、これらもメリットです。

小学校教員免許を通信制大学で取得するためには、4年制大学の教職課程や教員養成課程と同じように教育実習を行う必要があります。